ロゼとは

expcontent.com

典型的な〃フロントライン・シンドローム〃である。私が笑いをこらえて「本部長の巡視だ。道を開けるシ」と命ずると「ヘーイ、おう、皆、本部長様御一行、御視察だレヱォ」まるで魚河岸そのままだ。報道陣は協定を守って山側のロープの内側でカメラの放列を布いて往胤慨していた。「人殺しシ」「お前たち、それでも人間かシ」「殴れ、殴れ」。なにしろ血の気の多い若い記者たちが多いから罵声が飛び交い、で殴りかかってくるのもいる。

親と子の深くて苦しい紳父親の役割は母子を相対化すること自立の話にもどります。もう一つ、自立の要件としては、親の側が母子関係、親子関係を相対化することが挙げられます。ある段階で、もう独り立ちさせなければいけない、親のほひごうで、自分はこれから孤独になって苦しいかもしれないけれど、一」の人間は親の庇護から出さなければいけない、という決断をする必要があるのです。ところが、親が情を離れて自分の子供を見るというのは、難しいことです。

しかも、旧住専七社から資産を譲り受けた際、住管機構は金融機関からそれに見合う莫大な借金をして出発している。従って、借金分の利子負担だけでも一日一億円を上回る負担を抱えて、会社の経営を続けなければならなこの矛盾を解消して、二次負担を出さないために中坊さんが考えたのが、第Ⅳ分類から回収できた金額を、二次ロス分との相殺に充てることを可能にする法律改正だった。ゼロと想定されていた不良債権から回収した分はそのままプラス勘定になる。

「隈部」は、厳しく弾劾(だんがい)された。それは単に「ペン」一誌だけへの非難ではなかったろう。″噂・風聞″を根拠にした憶測まで、裏づけ一つ取らぬまま、いきなり活字にしてしまう、一部マスコミの〃通り魔〃的あり方への、鋭い警鐘でもあったはずである。しかし、「隈部」もまた老桧(ろうかい)であった。第一審判決にも承服せず、ついに最高裁にまで上告したのである。「司法」の判断をねじ曲げる?昭和五十六年四月十六日になって、最高裁の判決が下った。

(vう↓恥このユニ・コップ構想には、雄弁な支持者がたくさんついている。たとえば、ポール・ソンガス示竺や前米大統領候補は、パックス・アメリカーナ思想にとって代わるパックス・ムンディ(蚕×ぱい一W三目&)を掲げている。ここでは、世界中の国が、「ほんとうの武器」を持って国連軍に貢献する九‐、卜司h、r僧胸Kと、ノーc十丁〃V》-VぃLiW畔}」とが唱われている。

アメリカがベトナムで屈辱的な敗北を喫したばかりだったのに対し、ソ連はまだ崩壊の兆しを見せておらず、ブレジネフが相変わらず権力を握っていた。そんな中で、ソ連軍は、相変わらず野放しの巨大なゴリラのようなものであった。しかもソ連は、アメリカがベトナムにかかりきりになっていた一○年間を、戦車、ミサイル、核兵器の近代化や教義の改善、人員の増強に使っていたのだ。通常兵器と人員においてソ連は圧倒的に優勢だった。

国としての戦略をはっきりさせないまま、通産省がビジョンを設定したり、外務省と競争してアメリカと交渉するのは、会社経営になぞらえると、全社戦略が不明確なまま、一事業部が勝手に中・長期計画をたてて重要製品を売り歩いているようなものである。その製品は会社にとってどんな意味があるのか、またどの事業部が売るのがよいかの判断が、総合的かつ合理的になされていない。たまたま声の大きな〃通産事業部″が決まったようなもので

ホーム RSS購読 サイトマップ